便秘症の痛風患者の食生活改善!!

私は便は健康や美容に関するとても大事なものだと考えています。
不要な物を外に出す。デトックスの基準だと。
幼い頃から牛乳が好きで毎日飲み続けているからか、私は便秘と言っても1日出ない位だった。

なのに。
結婚して2年経ってから、主人が便秘症だと言う事を初めて知った。
食事は基本的には私と同じ。
けれど職業上帰宅出来ない日が少なくとも月に6日、多ければ10日ある。
その時は仕方なく夕食から翌日の昼食までは外食をしている。
それが原因なのかは分からないが、とにかく帰って来れる日は私と同じものを私以上に食べているのに便秘症で1週間や2週間はざらだと言う。

1日出ないだけでも気になるのに1週間も2週間も私なら耐えられない。主人は慣れて普通だと言うけれど…。
主人は痛風も患っており、全体的な食生活の改善を私は試みた。
我が家にはお茶と牛乳と水しか飲料水はない。
そこに野菜ジュースを加えた。
主人は朝の出勤時間は日によって違うので朝御飯はお弁当と共に用意してある。基本的にはサンドイッチ。
その具材にレタスや胡瓜やトマト。とにかく野菜を確実に入れるようにしている。酵素サプリ 人気
家を出る前に主人は野菜ジュースをコップ一杯飲む。
キノコ類は不溶性の食物繊維、葉野菜には水溶性の食物繊維が含まれていると知ってキノコ類は2日に1回、葉野菜や根菜も帰宅した時の夕食では出すように心掛けた。
時にはヨーグルトを持たせ、時には納豆を持たせる。
しかし『便秘解消した?』と聞いても首を横に振るばかり。
確かテレビでもキノコを沢山入れた味噌汁を飲めば翌日スッキリと言っていたのに…。

それから1年。
痛風なので尿酸値を特に気にしていたので食生活の改善を諦める事はなかった。
主人は健康診断の結果、尿酸値が下がっていたのだ。
その際便秘についても聞いてみると…。

どうやらそれも少しづつ改善されて1週間も出ないと言う事は無くなっていたらしい。
便秘だと知らなかった事と同じように改善されている事も知らなかったのだ。
主人が言うにはやはり食生活の改善ではないかと言う。
やはり食は大切だ。

余談だが便秘を改善した主人は時折来る腹痛に悩まされる事が減り、調子がいいようだ。